Google AdWords強制停止から1日で復活した話

トリ

あ・・・ありのまま起こったことを話すぜ・・・

 

「Google AdWordsをいつも通り使っていると思ったら いつのまにか強制停止になっていた」

 

な・・・何を言っているのかわからねーと思うが

おれも 何をされたのか わからなかった・・・

頭がどうにかなりそうだった・・・

警告とか一時停止だとか そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ

もっと恐ろしいものの片鱗を 味わったぜ・・・

 

 

はいっ!というわけでですね。

 

なんか急に「AdWordsのアカウントが強制停止をくらった話」をしたいと思います。

 

 

そう、ブログアフィリエイターのあなたなら薄々感じているとは思うのですが、我々にとってピンチはチャンスなのです。アカウント強制停止の文字を見た時は一瞬フリーズしましたが、

 

トリ
待てよ・・・これをうまく解決できれば、ブログ記事にして同じ悩みを持つ人の助けになるんじゃね?(半音上がる)

 

とすぐポジティブシンキングに切り替えまして、今に至るというわけです。

 

では、早速その軌跡をご覧ください。

 

 

アカウント停止

 

強制停止は突然に

私は今のところリスティング広告は使っていないので、AdWordsはキーワードプランナーのみ使用しています。キーワードプランナーっていうのは、自分が狙っているキーワードが月間どれくらい検索されているか、が見れる機能のことです。

 

キーワードプランナーを使うには、AdWordsでリスティング広告を出稿してね~ってことになってるんですが、まぁ冒頭で紹介したリンク先に書かれています通り、ちょいちょいとある設定をすればお金を払わずともキーワードプランナーを使うことができるんですね。

 

で、その設定にしていると、ページ上部に赤帯で

 

残高がなくなりました - 残高がなくなったため、広告掲載が中止されています。広告掲載を再開するには、お支払い手続きをして、アカウントに資金を追加していただく必要があります。」

 

という注意喚起分が表示されるんです。

 

注意喚起

 

なので、いつもログインしても気に留めてなかったんですが、ふとした時に目をやると・・・

 

「お客様のアカウントは強制停止されています - お客様の AdWords アカウントでは、広告掲載のポリシーに対する重大な違反が発生しているか違反が繰り返されているため、アカウントを停止させていただきました」

 

の文字が・・・!!

 

 

 

( ゚д゚)・・・

 

 

 

( ゚д゚)・・・

 

 

 

( ゚д゚ )え?

 

 

 

チョトマテ チョトマテ オニイサーン

アカウント停止テ ナンデスノーン?

 

一瞬、脳内パニック!まっっったく身に覚えがないことなので、そりゃもう焦りました。「この私がアカウント停止・・・だと!?なんという屈辱!濡れ衣だぁ!」と映画俳優よろしく、記事作成に使おうと思っていた時間をフル返上して、ググりまくりました。そう、GoogleのことはGoogleに聞け!

 

で、まぁ、ヘルプとかコミュニティ?とか色々覗いてみたものの・・・

 

ダメだ、全然わかんねえ。

 

アカウント停止されてるからリスティング広告は出稿できないけど、キーワードプランナーは使えるみたいだし、このままでもいっかーと一度は思ったものの、やはりログインする度に目に入る「違反」の文字がなんか気にくわんというか、腑に落ちないので、解決に向けて頑張ってみることにしました。

 

 

 

解決に向けてやったこと

「全然わかんねえ」とか言っている場合ではござらんので、とりあえず警告文の末尾にリンクされていた詳細のページを再度確認して、原因を上から順に潰してみることにしました。

 

ポリシー違反とか未払いとか、そもそも広告出稿を行ったことすらないので、どれも当てはまらない気がするがな~と思って、次に強制停止されたアカウントの問題を修正する方法を見てみることに。

 

するとそこに「アカウントが誤って停止されたと思われる場合は、Google までご連絡ください」という文章が・・・!「思い当たる節がない以上、これが有力かもしれぬ!」と、とりあえずこれを候補にいれつつ、一通りそのページを読むことに。

 

で、そこで「お支払いを行う」の文字を見た時に「あれ・・・もしかして自分の知らない間に広告出稿がされていて、支払いが発生してたりしないよ・・・ね?」とちょっとドキリとして、下記手順で一応確認しました。

 

確認手順

 

 

うーむ・・・数か月前から遡ってみても特に支払いが発生している様子もない。「おかしいなぁ~おかしぃなぁ~怖いなぁ~怖いなぁ~」と思って、ふとホームに戻ってみますと・・・

 

 

 

 

ん?

 

 

キャンペーン2

 

( ,,・ω・´)ンンン?

 

 

キャンペーン3

 

 

なんか「有効」になってるー!?!?

ハハハハーン!!(泣き笑い)

 

 

もしかして原因はこれかと気づいて、早速「一時停止」に戻しました。

 

一時停止

 

あ、ポチッとな。

 

たぶん、手か何かが当たって思わずクリックしちゃったんだろうなぁ。よくクリックしようと思ったとこと違うところをポチッてしまうことがあるからなぁ(あの現象何なんでしょうね)。

 

処理が完了したら後はGoogleに報告だ。一応、先ほど見た「アカウントが誤って停止されたと思われる場合は、Google までご連絡ください」のリンク先よりフォーム送信することに(報告内容によっては使うフォームが微妙に違うみたいです)。

 

ちょっと入力内容がややこしかったので、私の記入例を参考に載せておきます~。

 

フォーム

 

 

Google側の動き

フォームを送信した後、すぐに自動受付メールが送られてきました。「現在アカウントが”調査中”であるために発生している可能性がございます。」って・・・何の調査!?と若干ビクビク。

メール1

 

 

でもまぁ、それから約1時間後に「違反なしを確認」のメールが届きました。

メール2

 

 

そして翌日朝には「アカウント再開」の連絡が。ホッ。

メール3

 

そしてあの赤いバーもいつも通り「残高がなくなりました - 残高がなくなったため、広告掲載が中止されています。」に戻りました。

 

 

まとめ

結局のところ、今回のアカウント強制停止の原因が私がうっかりキャンペーンを「有効」にしてしまっていたからなのか、Googleのいう「調査中」だったからなのか、はわからず終い。

 

ただ、Googleからの最後のメールにこんな文言がございました。

 

アカウントの強制停止について:

 

利用規約に記載しておりますとおり、Google では請求や品質に関する目的で定期的にアカウントを審査しております。この審査はすべての広告主様とユーザーのセキュリティを保護する目的で実施されております。Google の利用規約については、次のURL をご覧ください:https://billing.google.com/payments/termsandconditionsfinder

 

【Google AdWords アカウント再開のお知らせ】のメールより

 

これがGoogleのいうところの「調査」なのかな?まぁ、なんにせよ濡れ衣が晴れて良かった(笑)
今後、キーワードプランナーしか使ってないのに同じような現象に見舞われた方は、この記事を思い出して参考にして頂ければと思います!

 

 

 

★2つのランキングに参加中!この記事がお役に立ちましたらクリック・シェアして頂けると励みになります(*´∀*)

ランキングクリック

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. 菜月美 より:

    トリさん、お久しぶりです。

    記事を拝見して、すぐに最近存在を忘れていた
    Google AdWordsの管理画面を開いて確認しました。
    結果は何も異変はなかったのでOKですが、
    AdWordsの存在を思い出すきっかけをくださって
    ありがとうございます(笑
    今後困ったことになったときにも参考にさせていただきますね。
    ありがとうございました。

    • トリ より:

      なつみさん、こんにちは!
      おぉ、思わぬ効果がありましたね^^
      私もいつもと同じ赤いバーが出とるな~くらいにしか思ってなかったので、
      いつからアカウント停止をくらっていたのか正確にはわからないという(笑)
      登録したサービスもたまにはメンテも兼ねて見てあげないと、ですね。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ