PC画面を撮りたいならWinShot

こんにちは、トリでございます。

 

アフィリエイトをしている方のほとんどが掲載されている、PC画面の画像。

スクリーンショットまたはハードコピーなど呼び方は様々ございますが、

どのようにして撮られているかご存知でしょうか。

 

まさか画面をそのままカメラで撮って、PCに取り込んでいるとか・・・!?

いやいや、やっていない人がいないとは言い切れませんが、皆無に近いでしょうf^^;

 

では、どうやっているか。早速紹介していきましょう!

 

 

6

 

私はちょっと前まではショートカットキーを使っていました。

 

Alt+Prt Scr(プリントスクリーン)で、アクティブウィンドウのコピーが取れます

アクティブウィンドウとは、今選択しているウィンドウを指します。

 

↓こんな感じ

アクティブ

 

 

逆に、Prt Scrだけを押すと、今表示されている画面全体のコピーが取れます

 

↓こんな感じ

デスクトップ

 

 

この方法でも、もちろん使えるのは使えるのですが、

コピーしたデータをいちいちペイント等に貼りつけて、

画像データに編集するのが面倒なんですよね。

 

ポチッと押すだけで画像データが出来上がるものはないもんかね・・・

と思っていたところ、同僚が「あるよ」と一言。

 

 

それが、こちらのWinShotです。

 

 

WS000009

 

 

これは本当に便利ですし、フリーソフトなので無料で使えますので、おすすめです。

特にこれからマニュアル作成をしようとお考えの方は必須のツールとなります。

 

また、アフィリエイトだけでなく、他のお仕事でも役立ちますよ。

 

私の後輩は社内システムの使い方を説明した後、

すぐこのツールで画面をプリントアウトして、

直接その紙に操作方法を書き込んでいました。

ノート派の私としては「なるほど、そういう使い方もあるな!」と感心しました。

 

では、簡単にWinshotの使い方を説明させて頂きますね。

 

 

WinShotの使い方

1.こちらからDLをし、お使いのPCにインストールしてください

WS000008

 

2.デスクトップにショートカットを作成してください

WS000001

 

3.ショートカットをダブルクリックするとWinShotが立ち上がった状態になります(タスクバーにアイコンが表示されていればOK)

タスクバー

 

4.よく使う項目は赤枠で囲ったところになります

メニュー1

  • 印刷:プリンターに出力されます
  • プレビュー表示:どのようにコピーされるかを参照できます
  • クリップボードコピー:データとして一時保存されます(直接貼りつけたい場合)
  • ビットマップ保存:BMP画像として保存されます
  • JPEG保存:JPEG画像として保存されます

 

 

 

サイトに載せるなら、一旦BMPで保存してからPNGに変換すると画質そのままで容量を軽く出来ます

※拡張子の違いについては前回の記事を参考にして下さいませ

 

5.詳細メニューの使い分けは下記の通りです

選択範囲

  • アクティブウインドウ:選択しているウインドウが対象になります
  • デスクトップ:表示されている画面全体が対象になります
  • 矩形範囲指定:任意指定した範囲が対象になります
  • コントロール/クライアント:自動で指定された範囲が対象になります

 

6.「環境設定」では下記のような設定が出来ます

メニュ

 

「基本設定」はファイルの保存先を指定したり、カーソルも一緒に写るかどうかを設定出来ます

基本

 

「ホット・キー」は用途別にショートカットキーを設定出来ます

※マウスをクリックしないと表示されないメニューをキャプチャしたい時に役立ちます

ホットキー

 

 

他にも色々細かい設定はございますが、

今回ご紹介した点だけでも十分役に立ちますので、

是非ともWinShotはインストールしてご活用下さい!

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. きりと より:

    トリさん

    こんにちは、きりとです。

    ショートカットはキーボードの操作で
    簡単に画像を手に入れてますね。

    でも、こういうソフトがあるんですね。

    勉強になりました。

    応援していきますね。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ