Google AdWordsキーワードプランナーのきほん【その2】

こんにちは、トリでございます。

 

Google AdWordsキーワードプランナーのきほん【その1】でアカウント取得は無事完了しましたでしょうか?今回は、いよいよ本題のキーワードプランナーの使い方を説明していきます。使い方はとっても簡単で、サーチコンソールやアナリティクス程ややこしくはないので、肩の力を抜いて読んで下さいね。

 

 

キーワードプランナーの使い方

1.ではでは、前回の復習からです。まずGoogle AdWordsにログインします。

ログイン

 

2.次に、上部にある「管理ツール」→「キーワードプランナー」をクリックします。

運用ツール

 

3.すると下記のような画面が表示されますので、「フレーズ、ウェブサイト、カテゴリを…」をクリックします。

新しいキーワードの選択

 

4.赤枠内を入力し、「候補を取得」をクリックします。

候補を取得

  • ➀宣伝する商品やサービス:キーワードを入力します。一語でもいいですし、複合ワード(例:アフィリエイト 初心者)でもOKです。複数のキーワードを入力する場合は改行して入れて下さい。

 

  • ②~③ターゲット設定:ターゲットとなる地域・言語を選択します。

 

  • ④除外キーワード:関連ワードに表示させたくない単語を入力します。例えば、アフィリエイトというキーワードでも、無料ブログというワードを除外したい場合は、除外キーワードに「無料ブログ」と入力します。

除外キーワード

 

  • ⑤キーワードオプション:一番上の項目を「オン」にすると、最初に入力したキーワードを含まないものは表示されなくなります。例えば、「アフィリエイト」で検索すると「afiri」や「成果報酬型広告」なんて単語も表示されてしまうのですが、これをオンにしておくと表示されません。

キーワードオプション

 

5.ソートが完了すると下記のような結果画面が表示されます。

※以前はグラフ付きでキーワード毎の比較もパッと出来て便利だったのですが、無料だとこれが限度ですorz「グラフ欲しい!」って方は広告出稿をば。

キーワード候補

  • ➀月間平均検索ボリューム:ひと月にそのキーワードが検索される回数を表示しています(無料だと超ザックリ仕様)。

 

  • ②競合性:そのキーワードで広告出稿する場合の競合具合です。高いと人気がある案件で、低いとあまり需要がない案件の可能性があります。しかし、一概に高いからやめといた方がいいとか、低いから絶対有利、とは言えないので参考程度にしてください。

 

  • ③推奨入札単価:そのキーワードで広告出稿する場合の予測単価です。検索結果に広告が表示されて、それがポチられた時に発生する金額ですね。料金発生の仕組みについて詳しく知りたい方は「PPC広告とリスティング広告は何が違うの?」をお読みください。

 

  • ④キーワード:自分が調べたいキーワードに関連した複合ワードが表示されます。キーワードだけだと競争率が高いな…と感じたら、複合ワードでのコンテンツ作りも検討してみましょう。

 

 

便利なキーワードチェックサイト

ここまで紹介しといてなんなんですが・・・キーワードプランナーが無料だと、月間検索ボリュームがわかりにくい・・・と感じた方に便利なサイトを紹介しておきます。

 

aramakijake.jp

 

aramakijake

 

キーワード入れてポチるだけ。う~ん、とっても簡単!サクッと検索ボリュームだけを調べたい場合はこちらのサイトを使って、他にどんな関連語がいいかな~と考える時はキーワードプランナーを使うなど、うまく使い分けてみて下さい。

 

 

その2まとめ

2016年からなかなかシビアな仕様になっちゃったキーワードプランナーですが(今までが神対応すぎただけ?)、上記で書きましたように、aramakijake.jpと併用としてうまく儲かるキーワードを探して下さいね。

 

今回でちょっと難しいGoogleマーケティングツールのお話は一旦終了です。でも、実際使ってみてどうだったでしょう?思ってたより使いやすいとか便利だと感じませんでしたか?今までの記事を通して、少しでも初心者のみなさんのハードルが下げられたなら幸甚です☆

 

 

 

★2つのランキングに参加中!この記事がお役に立ちましたらクリック・シェアして頂けると励みになります(*´∀`*)

ランキングクリック

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. トリさん

    こんにちは、きりとです。

    キーワードプランナーは使ったことがありますが
    ほとんど、意味を理解しないまま
    使わなくなりました。

    現在は、少し機能面が昔よりも
    劣っているとネット情報にありました。

    その真意はどうかはわかりませんが
    今でも使えるツールだと感じます。

    応援していきますね。

    • トリ より:

      きりとさま、こんばんは。

      最近のキーワードプランナーはリファラースパムによる数値荒らしがひどいです・・・。いちいち過去データはフィルタをかけないといけないのが結構面倒ですね~。パパッと見たい時はi2iを参照しています。なんでもツールって使い分けが必要ですね。
      応援ありがとうございました。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ