GIMPでワンランク上の画像加工(後編)

こんにちは、トリでございます。

 

前回に引き続きGIMPについてのお話しになります。今回は基本的な使い方を説明していきますので、GIMPのダウンロードがまだの方は下記リンクよりどうぞ。

 

 

 

 

GIMPの基本的な使い方

下記サンプル画像を例に基本操作をご説明致します。

完成図

 

 

➀イラストの透過処理

1.まず、イラストをインポートしましょう。キャンバスに直接画像ファイルをドラッグ&ドロップしてもいいですし、ファイルからインポートをする方法でもOKです。

ドラッグ&ドロップ インポート

 

2.イラストの透過処理をします。透過処理とは、背景に何も色がついていない状態のことです。GIMPでは透過部分は↓こんな感じでブロックチェックになります。

透過処理

 

3.ツールボックスから「ファジー選択」を選びます。

選択ツール

 

4.背景部分をクリックすると選択状態になりますので、そのままキーボードのDeleteを押すと透過になります。

選択

 

5.透過処理したイラストは一旦保存して閉じましょう。ファイルから「名前を付けてエクスポート」を選択します(メニュー内の「保存」はGIMPファイル形式での保存となります)。

エクスポート

 

6.ファイル名と保存形式を選んだら「エクスポート」を押します。イラストであれば基本PNG形式でOKです(画像ファイル形式の違いについてはこちらを参照下さい)。

エクスポート2

 

7.特にこだわりがなければそのまま「エクスポート」を選ぶと画像の保存が完了します。

エクスポート3

 

 

②背景の作成

1.ファイル→「新しい画像」を選択します

新しい画像

 

2.キャンバスのサイズを入力してOKを押します(キャンバスを透明色にしたい場合は、詳細設定より指定出来ます)。

画像サイズ

 

3.デフォルト設定だと、真っ白なキャンバスが表示されます。

キャンバス
ツールオプション4.ツールボックスより「塗りつぶし」を選び、下のツールオプションより塗りつぶし方法を選びます。描画色は上のパレットの黒色が表示されている部分背景色は白色が表示されている部分になります。クリックすると色の変更が可能です。今回はパターンを選んでみます。更にその下の柄をクリックすると選択可能なパターン一覧が表示されますので、お好きなものをお選び下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5.キャンバス上でクリックをすると、背景が選択色で塗りつぶされます

背景

 

 

③テキストの挿入

1.ツールボックスから「テキスト」を選びます。

テキスト

 

2.キャンバス上でクリックをするとテキストが打てるようになります。その際、自動で新規レイヤーとして追加されます。

テキスト作成 テキストレイヤー追加.

 

3.フォントの種類・サイズ・色をツールオプションで選びます

フォントオプション

 

4.テキストの形態が決まったら、ツールボックスから「移動」を選びます

移動

 

5.文字の上をクリックして適当な位置へ動かします。コツとしては文字の線の上でクリックすることです。ちょっとでもズレると背景が動いちゃいますので注意。下記図では見にくいかもしれませんが、テキストを選択出来ていると中心に+(プラス)マークが表示されます。

テキストの移動

 

 

④仕上げ

1.➀で透過処理をしたイラストをインポートします。やり方は➀の時と同じで、ファイルからインポートを選ぶか、直接キャンバスに画像ファイルをドラッグ&ドロップします。

イラスト挿入

 

2.イラストサイズを適当な大きさに変更するため、ツールボックスより「拡大・縮小」を選びます。

拡大・縮小

 

3.イラストの上でクリックすると、マス目が表示されますので、その上でカーソルを拡大したければ斜め上方向へ、縮小したければ斜め下方向へ引っ張ると、大きさが変更されます。Ctrlキーを押しながら引っ張ると、縦横比を維持したままサイズ変更が出来ます。その際、拡大・縮小ウィンドウの鎖アイコンが繋がれた状態になります。サイズが決まったら「拡大縮小」ボタンを押します。

縮小

 

4.③-5と同じく、移動ツールでイラストを適当な位置へ動かします

移動2

 

5.文字レイヤーをイラストレイヤーの上にドラッグすれば、完成です!(上にあるレイヤーが上層となります)完成した画像は➀-5~7でご紹介した方法でエクスポートしましょう。また、この画像を再編集する可能性がある場合は、「保存」をしておくと、以降GIMPでの再編集が可能となります。

完成図

 

 

 

後編まとめ

GIMPも慣れると、とても便利で楽しいツールです。ここでご紹介した機能はほんの一部ですので、ここから更にステップアップした使い方は、別途特典やレポートなどでお伝えしたいなと考えております。まずは、何回かこのマニュアルに沿って、基本的な使い方を練習してみて下さいね。

 

 

ランキングクリック

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. 高橋満範 より:

    ブログランキングからきました。
    GIMPを使いこなすレベルになるには
    少し時間がかかりますかね。

    ためになるお話ありがとうございます。
    アフィリ若葉マークです。

    これからも時々訪問させていただきます。
    あッ・・もちろん
    ポチさせて頂きました。

    • トリ より:

      高橋様

      GIMPはマスターするには時間がかかりますが、バナー作成などは基本操作さえ覚えれば可能なので、色々いじって覚えてみて下さい。
      またのご訪問お待ちしております。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ