素朴な疑問~インターネットのしくみ~

こんにちは、トリでございます。

 

アフィリエイトのことを色々調べていくうちに、インターネットやPCについても調べる機会が増えてきました。アフィリエイト・インターネット・PCの3つは切っても切れない関係ですからね。

 

で、その時にふと、

 

「そもそもインターネットってどういう仕組みなの?」

「どうやって画像やら動画やら見れるようになってるの?」

「その広さは有限なの?」

 

と「子供かっ!」ってツッコミが入りそうな、超々基本的なことを疑問に思いまして。ほんっとーに、今更なんですが。疼くのよ、私の好奇心の虫が。

 

今やインターネットはあって当然のものと化していて、PCの電源を入れる→ブラウザを立ち上げる→ネットサーフィン、って何の疑いもなく日常的に行っていますしね。疑問に思うことすらなかった人の方が圧倒的に多いのではないかと。

 

なので、「インターネット 仕組み」で検索すると、出てくるのは子供向けサイトが多かったです(笑)。でも、それ故に、とてもわかりやすい言葉で説明されていたり、上記の私のような疑問にも答えているようなサイトもあったりと、結構楽しかったです。

 

もしかしたらあなたもお子さんに「インターネットってどうやって動いてるの~?」なんて聞かれて困っていたりしませんか?

これを機に是非、ご家族でインターネットについてお勉強しちゃいましょう。

 

 

インターネットのしくみ

 

インターネットってなに?

まず、会社や自宅などで情報のやりとりをするために2台以上のPCがケーブルなどで繋がれている状態をネットワークと呼びます。その小さなネットワークから、他府県へ、全国へ、そして全世界へと大きなネットワークに繋げていったものがインターネットと呼ばれるものです。その名称からもわかるように、世界中のありとあらゆるネットワークが網目のように繋がっているわけです。

 

なので、どこかに大きなPCがあって、それがインターネットと呼ばれる場所を提供している・・・というわけではないのです。ちなみに「インターネット どこにある」と検索してしまったのは私ですorz

 

 

 

どうやって世界中とつながっているの?

家の中や会社内はLANケーブルやら無線LANで繋がっていて、日本国内も電線と並んで各家庭や会社に引かれた通信ケーブルで繋がっているわけですが、海外へはどうやって繋がっているのでしょう?

 

「衛星っしょ?」ってほとんどの人が思いそうなんですが、実は海底ケーブルが今はメジャーなんだとか!これにはちょっと驚きですよね。

 

衛星だと一旦データを宇宙に飛ばして戻ってくるまでの距離がかかりますが、海底ケーブルだとほとんど直線距離で結べるので、必然的に通信速度が速くなるそうです。更にデータ量も海底ケーブルの方が大きく、悪天候の影響も受けにくいという、利点だらけなのです。

 

 

 

データのやりとりはどうやってるの?

データは音声信号(電話回線)や光信号(光ファイバー)に変換をしてやりとりを行っています。そしてそのデータのやりとりの出入り口となるのが各家庭や会社にあるルーターです。

 

それぞれのネットワークのルーターを介してデータを送信し、間に様々なルーター(例えば、○○市のルーター→〇〇県のルーター→日本国のルーターといった感じ)を通して、最終目的地へデータを届けます。

 

こうやって書くと悠長な気がしますが、今やストレスを感じさせない程の速さでこれらのやりとりが行われているわけですから、人間の発明ってパネェっすって感じですね。インターネットの登場により、世の中の在り方が大きく変わりましたし、世界がこんなにも近くなるとは子供の頃には夢にも思わなかったです。

 

 

まとめ

簡単ではございますが、大きく3つの疑問点に分けて解説させて頂きました。主に各プロバイダさんが提供している子供向けサイトを参考にさせて頂いたのですが・・・オススメです!大人が見ても興味深くて、思わず「ほぉ~!」と関心させられますよ。

 

また機会があったら、今度はもう少し踏み込んでIPアドレスとかプロトコルとかその辺りの用語解説もしていきたいなと思っております^^

 

 

 

ランキングクリック

 

この記事に関連する記事一覧

コメントは4件です

  1. さゆこ より:

    トリさん こんばんは!

    普段何気なく使っているインターネットのこと、
    実はまるで分っておらず海外に繋がる海底ケーブルの存在さえ知りませんでした。

    たぶん「へ~!」って3回くらい言いました^^

    ありがとうございました!

    • トリ より:

      さゆこさま、こんばんは!

      海底ケーブル意外ですよね!こんなところにも日本のものづくりの技術がふんだんに使われてるんだろうな~とワクワクしてしまいました。
      読んでくれる方がいるか心配でしたが、コメントを下さりありがとうございました^^

  2. りつき より:

    トリさん

    こんにちは、りつきです。

    疼くんですね、好奇心の虫がっ(笑)
    そのおかげで、普段スルーしていた
    こと、じっくり文字で確認することが
    出来ました!感謝です!

    宇宙に飛ばす、と言われても
    海底ケーブルで、と言われても
    多分、人には言えない様なイメージ
    している、私です。(^_^;)

    お!フッターが進化してます。
    トリさん、ステキです☆
    またお邪魔させてもらいますね!
    ありがとうございました。

    • トリ より:

      りつきさま、こんばんは!

      私の場合、好奇心という名のしょーもない拘りです(笑)
      りつきさんのイメージ図が気になりますぞ。
      まぁ、手段は何であれ、人が感じないほどの速さであれだけの情報の伝達が行われているのは凄い話ですよね。

      フッターの件、先日はありがとうございました。
      おかげさまでちゃんと表示出来るようになりました^^

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ