Lv.4:ブログを無料で始めよう

こんにちは、講師のトリでございます。

 

着々と準備が整って参りましたね~。

 

では、いよいよ稼ぎの土台となるブログを作っていきましょう。

 

 

ちなみにこのブログは、独自ドメインとサーバーを借りてWP(ワードプレス)で作成しています。

 

が、いきなり初心者さんがここからスタートするのは、ちょっとしんどいかな・・・と思うので、無料ブログである程度、記事作成や操作の練習をしてから本番に臨むようにしましょう。

 

 

練習用といっても今後サテライトサイト(サブブログ)として使用することも可能なので、そういったことを踏まえた上で寿命が長そうなブログサービスをご紹介していきたいと思います。

 

 

ブログを無料で始めよう

 

どの無料ブログを使えばいいの?

恐らくみなさんが一番気になっているであろう点です。

 

Yahoo!知恵袋でブログアフィリエイトに関する質問を検索してみると、この質問が圧倒的に多かったです。

 

残念ながら「どのブログサービスでもOK!」というわけには行かず、アフィリエイトNGのところもありますので、登録前にはきちんと確認しましょう。

 

知らずに記事を更新しまくって、アフィリエイト広告貼りまくって・・・ってしてると、いきなりブログ削除!なんてこともありますので、ご注意を。

 

 

ちなみに女性に人気の「アメブロ」ですが、アフィリエイト出来るかどうかという点では「出来ます」(参考)。

 

楽天とAmazonのアフィリエイトリンクが張れる機能も標準装備されています。

 

が、ガンガン広告を貼って売り込み色を出した記事ばかり書いていると削除リスクが高いようです。

 

商用利用は禁止」という定義がどこまで当てはまるのか不明な点でもありますので、私の意見としましては、避けておいた方が無難かと思います。

 

削除される時は何の予告もなくバチーンと消されることもあるみたいなので・・・くわばら、くわばら。

 

 

 

では、アフィリエイトの練習用に商用利用可能でおススメなブログサービスはといいますと・・・



 

 

です。

 

商用利用もアフィリエイトも可能と利用規約に書かれているので(参考)、まずこの点に関しては問題ないかと。

 

実際使っている人で「いきなりブログ消された~」っていう話をほとんど聞いたことがないですしね。

 

 

 

あと、最近は「はてなブログ」も人気があるようです。

ただ、これも利用や規約が微妙な感じです。

 

広告ポリシー

 

商用サイトへの誘導や収益を得ることを主目的とした、はてなブログの利用を認めません。

ただし、下記の目的で掲載する広告についてはその限りではありません。

 

  • 個人や団体が公式ブログとして利用する際に、その活動を紹介する
  • お勧めしたい商品(またはそのリンク)を自身の言葉でレビューし、読者に勧める

 

広告の掲載方法や内容に関しては、別途定める「広告における禁止事項」で制限されます。禁止事項に反さない限り、アフィリエイトプログラムの制限はありません。すべてのアフィリエイトを利用できます。

 

「はてなブログのガイドライン」より

 

 

収益メインのブログはダメだけど、何かメインテーマがあって、あくまでそれに付随する形で商品をアフィリエイトするのは構わんよって感じですね。

 

う~ん、この変のジャッジとかさじ加減も運営次第なので、少々怖い気もしますね。

 

 

どのブログサービスであれ、無料でお借りしている以上、いつ何時運営の方針転換などで削除されるかわからないリスクがあります。

 

なので、もし「アフィリエイト本格的にやるぞ!」ってなったら、ゆくゆくは費用がかかりますが、WPで運営していけるようにしましょう。

 

 

 

 

どんな記事を書いたらいいの?

まずは練習なので、そんなに悩まず、1つ好きなテーマを決めて最低5記事は書いてみましょう。

 

といっても、思想・宗教等デリケートなテーマや、公序良俗に反するものはNGですので、登録の際にはきちんと利用規約の特に「禁止事項」に目を通すようにしましょう。

 

今日はこんな料理を作ってみました~っていう日記でもいいですし、

 

この映画が凄くおもしろかった!っていう感想やレビューでもいいです。

 

とりあえず手を動かして、練習!練習!

 

 

まとめ

まずは練習用として無料ブログの紹介をさせて頂きました。

 

しかし、何度も言いますように、無料というのは「借りている」状態ですので、主導権は運営側にあります。

 

いつ・いかなる事情で削除されても文句は言えないというのを留意しておいてください。

 

なので、こまめにバックアップを取っておくようにしましょうね。

 

 

 

 

 

↓↓この記事良かったよって思って頂けたら、シェアお願いします(*´∀`*)↓↓

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ