パーマリンクを変えるとどうなるかを検証してみた

こんにちは、トリでございます。

 

前回の記事「パーマリンクを意識すると・・・」で、パーマリンクを変えちゃうと、404エラーが出るからリダイレクトが必要ですよ~という話をしました。

 

で、404エラーってどんな感じで表示されるのかな?更に、リダイレクト設定ってどうやるのかしら?とまた好奇心の虫が疼きまして、実は何記事かパーマリンクを変えてみました(良い子はマネしちゃダメだぞ☆)。そして、そこで驚きの結果が出たので、発表したいと思います。

 

 

404エラー

 

404エラーと301リダイレクトとは

もう一度復習しますと、404エラーとはあるURLにアクセスすると「そんなページはないですよ」というエラーが出ることを指します。アクセス先のページが削除されていたり、リンク先のURLが間違っていたり、リンク切れを起こしていたり・・・と色々な原因が考えられます。そしてパーマリンクの変更もこの404エラーを出す原因の一つになります。

 

そして、それを防止するためにはリダイレクト設定が必要になります。リダイレクトとは、最初にアクセスされたURLとは別のURLに転送することを指します。設定方法は.htaccessファイルを作成したり、WPなら「Redirection」というプラグインを使うという方法があります。

 

そして、主なリダイレクトには301と302があります。301は永久的なリダイレクト(もうそのURLには戻って来ない)、302は一時的なリダイレクト(また元のURLに戻ってくる)を指します。今回のパーマリンクの変更やドメインの変更によるお引越しなんかは301リダイレクトを使い、エラーページやメンテページを表示させたい場合は302リダイレクトを使うといった感じです。

 

 

WPでは自動リダイレクトされる?

パーマリンクを変更する→404エラーが出る→リダイレクトが必要ということはご理解頂けたかと思います。

 

が。

 

下記画像を見て頂きたいのです。

 

 

パーマリンクを変えた「三種の神器を使いこなせ!」をGoogleで検索してみると、過去にインデックスされた際のURL(パーマリンク部分はthreeitems)が表示されています。

 

検索結果

 

↓ ↓ ↓ クリックすると・・・

 

自動的に新しいURL(パーマリンク部分はthree-sacred-treasures)のページが表示されます。

 

リダイレクト先

 

こちらのサイトでリダイレクト状況を調べた時も勝手に301リダイレクトとなっておりました。

 

301リダイレクト

 

どうやら上記のような簡単なパーマリンクの変更(同じパーマリンク構造で英単語だけ変えるなど)であれば、WPでは自動でリダイレクトが行われるみたいです。

 

ただ、パーマリンク構造自体を変えたり、カテゴリを増やしたり減らしたりすると、404エラーが出ることがあるみたいなので、やはりパーマリンクは変えない方が無難ですね。うまくリダイレクト出来たとしても、ソーシャルブックマークのカウントはリセットされちゃいますしね。

 

どーっしてもパーマリンクを変えざるを得ない場合は、.htacessファイルでリダイレクト設定を行うか、先ほどご紹介したRedirectionプラグインを使用しましょう。もちろん、パーマリンクを変える前にはバックアップを取ることを忘れずに。WPのバックアップ方法は「来るべき日に備えよ!WPのバックアップ方法」を参考下さい。

 

実はこの他にもリダイレクトの種類ってあるのですが、これ以上は初心者さんにはマニアックになりそうでしたので、まずは301と302を覚えてみて下さい。そして、何度も言いますが、WPにおけるパーマリンク変更時は必ず自動リダイレクトされる保証はございませんので、バックアップをちゃんと取って、自己の責任において慎重に行って下さい。

 

 

ランキングクリック

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ