ロングテールでスキマワードを狙う!

こんにちは、トリでございます。

 

今回もアフィリエイトでよく耳するワードについてご紹介します。今回のテーマはロングテールです。聞いたことはありますでしょうか?よく「ロングテールで集客を図りましょう!」とか言われたりするのですが、初めて聞いた方は是非ひとつのマーケティング知識として覚えていってください。

 

 

ロングテールとは

ロングテール

 

WEBマーケティング用語で、ニッチな分野(=スキマ産業的な分野)の商品を多く揃えて、総合的な売り上げアップを狙うことを指します。ロングテールというと上記のような図がよく出てくるのですが、縦軸が販売数、横軸が商品で、右に行くほどニッチな商品となります。このニッチな商品群が横に長く伸びている様が動物の長いしっぽに見えることからこの名称がついたのだとか。

 

通常の店舗ですと、スペースが限られており、陳列出来る商品の数も限られてきます。となると、必然的に販売数が多い商品を置く傾向が高まります。ニッチな商品を取り揃えても、いつ売れるかわからないですし、それなら売れるとわかっている商品を置いた方が在庫の回転率も高く効率的ですからね。

 

ところが、インターネット上ですと、商品の陳列スペースは無限大で、ありとあらゆる商品を取り揃えることが可能です。検索サービスの質も向上し、ニッチな商品もより消費者の目に届きやすくなりました。このことに注目して、ロングテールをうまく活かしたビジネスを展開しているのがAmazonだと言われています。

 

 

アフィリエイトにおけるロングテールとは

みなさんがブログアフィリエイトを始める際、ターゲットとなるキーワードを決めたと思います(ダイエット・脱毛など)。ただ、それがビッグワードであった場合、なかなか検索結果で上位表示させるのは難しいかと思います。

 

そんな時に、「ダイエット」と一つのキーワードだけで狙うのではなく、「ダイエット+DHCサプリメント」とか「ダイエット+簡単+エクササイズ」といった、複数のキーワードを使った記事を展開することで、ニッチなキーワードでも集客を狙うことが出来ます。そして、そのニッチなキーワードによる少しずつの集客を総合していけば、大きな集客へと繋がるというわけです。

 

ちなみにこのブログのキーワードは「ブログアフィリエイト」ですが、アクセス解析を見てみると、「ブログアフィリエイト」とは異なるキーワードでも集客出来ていることがわかります。これは色々なワードで記事を書いている結果かと思います。

 

キーワード

 

みなさんもロングテールを使った集客を狙うのであれば、とにかく色々なワードを入れて記事を書いてみて下さい。記事を書けば書くほど、様々なワードでの検索に引っかかってきますからね。

 

といっても、メインとなるキーワードに絡めた記事になるようにしましょうね。「ダイエット」のブログなのに「ペット」の記事なんかを書いてしまうと、検索してきた人に「あ、見るブログ間違えたわ」と即閉じされちゃいますし、下手したら薄いアクセス(ターゲット層とは離れた客層)ばかりが集まることになっちゃいますからねf^^;

 

 

ランキングクリック

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. トリさん

    こんにちは、きりとです。

    複合キーワードで集客を狙うのは
    確かに競争率が低いので検索上位に上がりやすいですね。

    最初は、色んな複合キーワードで
    検索ヒットがあるのを選ぶと良さそうですね。

    応援していきますね。

    • トリ より:

      きりとさま、こんばんは。

      なかなか自分が狙ったキーワードでは上位に表示されませんが、意外なワードで上位に上がったりすることがあるみたいで、アクセス解析で「ん?」っていうワードがよくランクインされています。
      いつも応援ありがとうございます。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ