クラウドをサクッと解説☆

こんにちは、トリでございます。

 

最近ほんっとーによく耳にするクラウドという単語。耳にしすぎたせいか、常用単語になっていて、実際それが何かよくわかっていない・・・そんなことはないですか?「クラウドってなんですか?」と聞かれてパッと答えられそうですか?私は「FF7の主人公」としか言えそうになかったので、早速リサーチして参りました(笑)

 

ネットビジネスに関わる者として、やはりクラウドは知っておかねばなるまい・・・と思いましたので、初めて聞いた方や、聞いたことあるけどよくわからない方は一緒に勉強して参りましょう。既によくご存知の方は、私の解釈があっているか、鋭い目でチェックしてやって下さいまし。

 

 

クラウドとは?

クラウドとはクラウドコンピューティングの略で、文字通り雲のことなんですが、なんで雲って名称がついてるの?ってところからです。一説によると、GoogleのCEOが最初に言ったからとか、コンピュータネットワークを図で表す際に、雲で表現されることが多かったから、などと言われております。

 

では、実際どういうものなのかというと、インターネット上でアプリの使用やデータ保管を行うことが出来るコンピュータ利用形態のことをいいます。

 

例えば、今まで自分のPCにWordやExcelといったソフトをインストールして、自分のPCで作業をし、続きを会社でやろうと思った時は、USBメモリ等にそのデータを入れて持ち運んでいました(会社にそのソフトがない場合はソフトの用意も必要)。

 

もし、これをクラウドで行うとすれば、ネット上にあるWordなどのソフトで作業をし、そのままクラウド上にデータを保存し、後は手ぶらで会社に行って、そこでまたクラウドからデータを呼び出せば作業が再開出来る・・・といった具合です。

 

PC毎にソフトやデータを持つ必要がなく、時間や場所の制約なくいつでも必要なデータにアクセス出来る。これがクラウドの仕組みです。

クラウド図

 

具体的なクラウドの例は?

一番わかりやすい例ですと、GmailやYahoo!メールなどのWebメールです。これらは利用する時に、ソフトをインストールしたりせず、直接そのサイトにアクセスしてメールを見ていますよね?どの場所からでも同じサイトにアクセスすれば、同じメールボックスが見れますよね?これはクラウド上にあるメールソフトを使用しているからです。

 

もうひとつわかりやすいクラウドサービスがYOU TUBEです。これも自分のPCにいちいち専用ソフトをインストールして、動画を保存しなくても、サイトに行けば好きなだけ動画を再生して楽しむことが出来ます。

 

「クラウド」って聞くと何か難しいIT用語のイメージがありましたが、こうやって例を挙げてみると、結構前から身近にあったものなのだと感じることが出来ます。

 

 

まとめ

クラウドについて簡単にまとめてみますと・・・

 

  • ネット上にデータを保管したり、アプリを使用することが出来る
  • PCにインストール・保存していた作業がネット上で行えるようになった
  • Webメールや動画サイトなど、既に身近にクラウドサービスは存在している

 

今後クラウドを使ったサービスはますます増えていくだろうと言われています。もっとセキュリティ面などのバックグラウンドがしっかりすれば、会社に行くことなく、クラウドで在宅ワークが普通という時代が来るかもですね!

 

以上、簡単ではございますが、クラウドについてサクッと解説させて頂きました。

これで明日から「クラウドで何?」って聞かれたらドヤ顔で答えられますね(ニヤリ

 

 

ランキングクリック

 

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. arisu より:

    はじめまして。

    クラウド何となく理解はしていましたが・・・
    詳しくは説明できませんでしたが。

    トエさんの分かりやすい説明で私にも
    人に聞かれたときに応えられそうです。

    とても勉強になりました。
    ありがとうございます。

    • トリ より:

      arisuさま

      はじめまして。コメントありがとうございました。
      クラウドは色んな可能性を持っていて、今後に益々期待出来そうですよね。
      またお越し下さいませ。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ