仕事と子育ての両立にネットビジネスという選択肢

こんにちは、コテの使い方を会得したトリでございます。

 

もうトリ吉なんて呼ばせない!ゆるふわチキンを目指しますよ。

 

 

さて、タイトルからすると「お、今日はマジメか!?」という印象を受けるかもしれないですが、いつも通りゆる~く最近感じていることを書いてみようと思います。

 

 

恐らく多くのママさん(一部パパさんもいるかな)が直面することになるであろう仕事と子育ての両立という悩み。

 

できれば子育てに専念したい・・・だけど金銭面で不安が残るから働きに出ないといけない。

 

 

果たして仕事と子育ては両立できるのか?

 

両立しやすい仕事ってどんなものがあるのか?

 

 

など、少しでもママさん&パパさんの悩みを和らげることが出来ればな・・・と思って書いてみました。

 

 

仕事と子育て

 

子育て世代の悩み

最近、私の周りの友人たちが子育てなうな方が多くてですね。

 

会う度に色々な苦労話を聞かされているのですが、みんな共通しているのは、

 

 

子供の成長を見守りたい。でもこれからお金が必要になるから働きに出ないと・・・。

 

 

という悩みなんですね。

 

で、

 

 

フルタイムで働いた方がお給料はいいけど、子供って突然熱が出たり、ケガをしたりするから、仕事が途中でも帰らないといけないことが多々ある。そういうのが続くと、周りに気を遣っちゃう・・・。

 

 

という声もよく聞かれました。

 

 

うむうむ、わかりますぞー。

 

 

トリは子供はいませんが、会社で小さいお子さんがいるママさんはしょっちゅう保育所や学校から呼び出されて、大変そうでした。

 

ひとりひとりが結構な仕事量を任されてると、早退されるとなかなかのダメージになります。

 

でも、それはしゃーないんです。

 

本当にちっちゃい子はまだまだ免疫力がなくて、すぐ熱が出ちゃうんですよね。私も小さい頃そうだったさ。

 

 

で、私は、

 

 

トリ
しゃーない、しゃーない!気にするなぃ!

てか、ここは私に任せて早く行け!(少年漫画風)

 

 

ってスタンスだったんですが、残念なことに全員が全員理解ある人とは限らないんですよね。

 

まだまだ男性が育児に参加していなかったであろう世代の男性社員の方は、

 

 

あまり早退とか休まれてばかりだと、困るんだよねぇ。。。

 

 

みたいなことをチクチク言いなさるわけですよ。

 

担当顧客が定休日のときくらい、ゆっくり休んでお子さんの側にいさせてあげたらいいと思うんだけど、

 

 

担当顧客は休みでも、他にやってるところはあるから、仕事はなんぼでもあるよ?

 

 

と言ったり。

 

で、結局優秀なママさんたちは罪悪感を感じてどんどん退職されていく・・・という悪循環をずっと見てきました。

 

 

トリ
はーっ、勿体な!!

 

 

でも、残念ながらこれが現実。

 

特に私がいた会社は年功序列型のまだまだ古~い会社だったので、働くママさんへの理解が足りないなぁ、と感じました。

 

 

もちろん、産休・育休取られている女性社員の方もたくさんいらっしゃいましたが、「おばあちゃんがいなかったら、仕事と子育ての両立無理!」って言ってる方も多かったです。

 

そんくらいママさんであっても業務量は多かったのでしょう。

 

だってみんな毎日終電近くまで残業してたもんなぁ。

 

ある日、ベテランママ社員の方が、

 

 

思えば私仕事に追われて、子育てはおばあちゃん任せにしてたから、ちっとも母親らしいことしてあげられなかったなぁ・・・

 

 

ってポツリと呟かれたのを見て、切ない気分になりました。

 

なんか、まだまだ仕事と育児の両立が出来る体制が整ってないんやな、って。

 

 

あと、こうやって復職できたり、近くに住む両親に子供を頼めたらまだいい方で、働きたいのに保育所が見つからない、近くに頼れる親戚もいない・・・っていう声もたくさん聞きます。

 

もう、ホンマ、そういうのを聞くと、世知辛いというか歯がゆいというか。

 

なんとかならんのか、ニッポン!?と思ってしまうのです。

 

 

自分でなんとかするのが一番の近道

「保育園落ちた、日本〇ね」は記憶に新しいフレーズではありますが、結局のところ、国や会社がどうにかしてくれるのを待っていても、ただ時間が過ぎていくだけです。

 

自らこの打開策を探して、まず行動してみる。これが一番手っ取り早いかと。

 

 

みなさんなんで子育てしながら働くのー?って言ったら、一番はやはり「お金がいるから」だと思うんですね。

 

もちろん、「キャリアを形成したい」とか「経験を積んで人生を豊かにしたい」なんて意見もあるかと思います。

 

で、もしその一番の理由が「お金」だとしたら、「会社」に拘りすぎず、ひろ~い視野で一度世の中を見て頂ければな、と思います。

 

 

自分に特技があるなら、リアルでもネットでも、教室開いたり、お店を持ってみたり。

 

具体的なサービスでいうなら、ココナラで自分のスキルを売ってみたり、ミンネで作品を販売してみたりとかね。

 

 

とにかく色んな稼ぎ方が今はあるんです。

 

ひとつの収入源に頼らず、複数の柱を持っていると、どれかダメになっても、他がある!と少し精神的にも楽になります。

 

会社で働くのがダメ!っていうんじゃなくてね。

 

お金を稼ぐ=会社しかないって思い込まず、他の可能性もぜひぜひ探してみて欲しいな、と思います。

 

色んなサービス

 

 

在宅ワークなら子育てと両立しやすい

ようやく日本でもトヨタがテレワークを導入したりしてちょっとずつ浸透してきてますが、自宅で仕事ができたら、子供を傍で見守りながら、お金を稼ぐことが出来るわけです。

 

こんだけインターネットが普及したんだから、もっと浸透してもいいじゃない?と思うんですが、セキュリティ面とかコンプライアンスとか色々問題があるんでしょうね・・・お堅い日本企業に完全に浸透させるには時間がかかりそうです。

 

 

で、在宅ワークとは?で書かせて頂いたんですが、既に結構いろいろな業務形態が出ています。

 

これは会社員じゃなくて、個人請負って形にはなるんでしょうが、一度参考にしてみてください。

 

 

色々ある中でも私はやっぱりアフィリエイトがイチオシかな。

 

ウェブマーケティングやPC操作・Webスキルなど学ばないといけないことはたくさんあるけど、正しくやれば成果が出るお仕事なので。

 

一部「当たらないと儲からないんでしょ?」と勘違いしている方がいらっしゃいますが、新規ビジネスの立ち上げとは違って、当たる or 当たらないの世界ではないです。

 

しっかりとしたキーワード選定を行って、正しく作業すれば、生活費を稼ぐことも可能です。

 

まぁ、この「正しく」が難しいところでもあるんですけどね。

 

 

ちょっと気になるという方は「ブログアフィリエイト無料体験レッスン」実施中ですので、自習型ではありますが、お時間ある時にでもちょこちょこっとやってみてください。

 

「お、これならできそうかも」と思ったら、本格的に勉強してみてください。

 

 

まとめ

可能性

 

子育て未経験の私がエラソーに(いつも通りか)、思ったことをダーッと書いちゃいましたが、要は「会社でないと稼げない!」という視野をもう少し広げてご覧なさ~いということです。

 

仕事(=会社勤め)と子育ての両立、という式で考えてしまうから、選択肢が狭まってしまいますが、一歩下がって周りを見渡してみると、新しい可能性が色々見えてくるはずですよ。

 

 

まぁ、世間体とか社会的保障とかいう観点からすると、会社員や公務員が一番無難ではあるんでしょうけども。

 

トリはなんとなく、それは自分に合わないな・・・つまんないな・・・と気づいたので、ネットビジネスの世界に興味を持つようになりました。

 

 

どんな形態であれ、働きながら子育てに励むママさん&パパさんを応援しますよ!

 

でもね、これだけは言わせてね。

 

 

トリ
絶対無理して身体壊しちゃダメですよ!!

 

 

以上!

 

 

 

 

↓↓この記事良かったよって思って頂けましたら、シェアお願いします(*´∀`*)↓↓

この記事に関連する記事一覧

コメントは8件です

  1. 秋山 より:

    トリさん、こんばんはー!

    今回は会話形式モリモリな記事ですね(*´ω`*)
    あのトリさんのアバターは昔のアバターなのでしょうか?

    ブログアフィリエイト無料体験レッスンなるものを展開されていたのですねー!

    ゲーム感覚で
    ステップごとに学べるなんて、
    私が喜びそうなタイプじゃないですか~(笑)

    こちらもチョコチョコ拝見させて頂きますね!

    • トリ より:

      秋山さん、こんにちは!

      吹き出しツール大好きっす(笑)口語体で書けるので楽なんですよね~。
      吹き出しに出てくるアバターは昔使ってた無料のやつですね。
      表情が色々変えられるので重宝してます^^

      無料体験レッスンはあまりアクセスないですが、当ブログのメインコンテンツなんですf^^;
      で、開設初期に作ったショボイ内容なので、随時リニューアル中でございます。

  2. りつき より:

    トリさん

    こんにちは、りつきです!

    吹き出し、イイですね~★
    (少年漫画風)ってとこが、トリさんらしい(笑)

    お勤め先で、困っているママ達を傍で
    見て来たトリさんにしか書けない記事だなって
    思いながら読ませてもらいました。

    あの男性役の方、顔の表情はないのに
    憎らしく思いましたよ(笑)

    トリさん、また来ます!
    来る度に、進化してて驚きですっ♪
    応援していますね。

    • トリ より:

      りつきさん、こんにちは!
      ギミックの次は吹き出しにハマりだしたトリ吉です(笑)

      そうなんです・・・次々辞めていくママさんたちを見てとっても寂しい気持ちになりました。
      まぁ、超忙しい部署で、残業もその日にならないとどれくらいあるかわからないような仕事だったので。
      結局、大学生以上のお子さんを持つママさんじゃないと難しいようでした。

      あのおっちゃんもね、本当はめっちゃいい人なんですよ。
      でも中間管理職という立場上、仕事は回さないといけないし、上からプレッシャーかけられるしで、ちょっとイライラしてたんでしょうね。
      あんなに優しい人ですら変わってしまう職場って(>_<) またワンオクのお話しとかしましょうね!(笑)

  3. masa より:

    こんばんわ、masaです。
    仕事と子育ての両立は、
    実際やってみるとむずかしいですよ。
    なんだかんだ言っても、やっぱり
    一番はお金ですね。お金がないと
    生活できないですから・・・。
    私の会社は、まだ理解あるので、
    よかったですけど。
    また、訪問しますね。

    • トリ より:

      masaさん、こんにちは。

      そうですよね。見てるだけでも大変そうだと感じます。
      みなさん協力的な旦那さんあってこそ!とよく仰ってます。
      会社も古い体質を変えていくのは時間かかりそうです・・・。
      ご訪問ありがとうございました。

  4. アキモト より:

    ブログ拝見しました。アキモトといいます。
    僕も、3人の子供がいて、同じ様な経験をしてきたので、
    すごく共感できました。
    聞くところによると、今は中学生でも発熱した場合、学校まで迎えに行く必要が
    あるそうです。こうなってくると仕事との両立は大変ですよね。
    日本は、年金問題、労働力問題と少子化を防ぐ必要があるのに、政府の対応は
    軟弱すぎますよね。
    子供を育てる事がどれ位、大変なことか、分かっていない気がします。

    応援クリックします。
    また、よらせていただきます。

    • トリ より:

      アキモトさま、ご訪問ありがとうございます。

      子供がいない私でも見ていて、本当に大変そうだと感じます。
      なので、親御さんはそれ以上に負担がかかっていると思います。
      これだけネットが発達したのだから、もっとやりようがあるだろうに・・・と思うのですが、規模が大きすぎて難しいのでしょうね。
      本当にもどかしい限りです。

      応援ありがとうございました。
      いつでもお越しください^^

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ